蘇らせる技 目次 | 陶磁器修復キット販売  

  陶磁器の修復  蘇らせる技



 準備 ・・・作業の前にやっておくこと

・破損した場合、または破損している状態のものを修復する最初の段階に必要なことは、状態(コンディション)をよく観察することです。この段階で、修復材料(→材料の販売はこちら)の吟味・選択、過程を組み立てます。

    ・材質(磁器、陶器、釉薬の状態)
    ・破片の数(全部そろっているか)
    ・欠損の範囲(欠けてなくなっている部分)
    ・古いなおしはないか(そしてその修復の状況)
    ・今現在は大丈夫だが、修復過程に壊れそうなところはないか。(おおきなヒビなど)
    ・壊れてはいないが、時代的に古くなって痛んでいるところはないか。


・以上を観察して、記録をとります。


・写真を撮ります。全体像、破損個所がよくわかるように、クロースアップ、などいろいろな角度から撮ります。

・破損したばかりの状態のものは、破損面もきれいなですが、破損面を手で触ると、手垢、汚れなどが不着して汚れていきます。破損面をなるべくさわらないように破片を取り扱ってください。細かい破片はピンセットをつかってつかみます。

・修復する場所を整えるのも大切です。落ちついて作業できる机と椅子。そして、シーリングライト(天井照明)だけでなく、デスクライトを使って光を整え、できたら自然光の入る場所で作業を行います。自然光はブラインドなどで調整してください。

●工房いにしへの修復現場で使用しているオススメデスクライト 山田照明





より詳しく知りたい方へ・・・

◎『暮らしの手帖』2008年8月に器を直すテクニックが美しい写真とわかりやすい文章で掲載されています。(取材協力は工房いにしへ)

◎陶磁器修復キット・プロをお買い上げいただいた方に、陶磁器修復キット・プロ、アップグレードを使ったより詳しいテクニックをご案内しております。詳しくは、取扱説明書をごらんください。

◎陶磁器修復キットを使った、カラーフィル体験講習会やっています。(東京・名古屋)

◎オンラインレッスンサイト『echole』 http://echole.jp/ メールによる個別指導












copyright© 工房いにしへ  All right reserved